剛毛でもきれいな肌になれる医療脱毛

ひかりのボケ

剛毛は自分で処理していると、どんな方法であれダメージによって毛穴が大きくなる傾向があります。
そうすると、ボツボツの目立つ肌になりやすいばかりでなく、肌荒れによりざらざらした肌になる可能性も高くなります。
この症状は自己処理を続けている限り、ずっと改善することはありえません。

このような悪循環から抜け出すには、医療脱毛が効果的です。
医療脱毛は、医療レーザーを照射することで毛母細胞を破壊する方法なのですが、その際レーザーは皮膚を通過するため、とても肌に優しいのが特徴です。
しかもその効果は高く、1度照射した毛穴から同じ毛が生えてくることはありませんので、毛のサイクルに合わせて何回か施術をするだけで永久的な脱毛効果を得られることになります。
また、この医療脱毛のレーザーは黒い部分に反応しますから、薄い毛よりは色が濃く太い剛毛の方が、その効果を実感しやすいと言われています。
剛毛だと他人に見せるのも躊躇してしまうことも多いですが、脱毛期間だけ我慢すれば終了後はムダ毛のないきれいな肌になることができます。