光脱毛妊娠中NG?

名古屋の光脱毛とは毛のメラニンに作用する光を照射し、毛母細胞にダメージを与え、毛を生えにくくする方法です。医療レーザーが医療行為のため、名古屋の医療機関でしか行えないという制約に対抗して誕生した脱毛方法で、脱毛エステなどで行われます。
医療レーザーよりも出力が低いので、肌に与えるダメージが少なく、敏感肌の人でも施術が可能、しかもお金も安いと人気ですが、逆を言うとムダ毛へのダメージも低いので、脱毛の効率が悪いとも言えます。
通常、名古屋の医療レーザーよりお金がかかりませんが、上記のように効率が悪いので、レーザーの倍の施術が必要で、時間がかかることが多いようです。
また、レーザーも光でもどちらでもそうなのですが、妊娠中の施術がNGとなっています。胎児への影響ではなく、ホルモンバランスによる影響が問題のようです。
つまり、妊娠中は毛が濃くなることがあり、脱毛の効果が期待できないこと、通常より肌が敏感になって肌トラブルのリスクが高まっているためです。それに、胎児への影響はないとはいっても、万が一を考慮してNGとしているようです。